マーケット見通し

持続的に成長する米国株式市場高い競争力               力強い個人消費の伸び               最高益を更新している企業利益


  注目!  「米国株式の投資環境見通し 2017年8月号」(eBook/PDF)に、足元の市場環境、米国株式の見通し、米国株式投資のポイントなどをまとめました。


 最新記事  「もっと知りたいアメリカ」「トランプ時代の勝ち組企業を探す7つのヒント」を掲載しました。


 注目動画!  「米国大型成長株式運用について:先行きが不透明な時こそ基本に忠実に (フランク・カルーソ)」を掲載しました。



1)高い競争力

労働力の増加や労働生産性の改善による潜在成長力の高さに加え、技術革新やコスト競争力改善、産業インフラの充実などから、米国は高い競争力を今後も維持することが期待されます。

国の潜在成長力は労働力、生産性、資本の3要素で決まります。このうち労働力については、新興国を含む主要国の多くが、今後生産年齢人口の減少が予想される中、米国は2050年まで増加することが予想されています。
 

また労働生産性は、先進国の中で最も高い水準にあります。高度な技術開発力、電力や燃料コスト低減によるコスト競争力、産業の新陳代謝を可能にする法制度や厚みのある資本市場など産業インフラを考慮すると、中長期的に米国の競争力の高さは揺るぎないものと考えられます。

2)力強い個人消費の伸び

雇用環境の改善に加えて賃金も上昇傾向にあり、米国の個人消費は引き続き高い伸びが見込まれます。

2016年に米国の雇用環境の改善が一段と進み、失業率も2016年12月時点で4.7%と2008年4月以来の低水準に低下するなど、労働市場は着実に改善が進んでいます。この失業率4.7%という水準は、米国では就業を希望する人すべてが雇用されている状態(完全雇用)に近いと一般的に言われる程の低水準です。

また、2016年は個人の可処分所得が堅調に上昇しており、消費者マインドも高水準で推移しています。これに株価や住宅価格の上昇による資産効果も加わり、引き続き2017年の個人消費は昨年と同様に高い伸びが見込まれます。

3)最高益の更新が期待できる企業利益

良好な経済環境を背景に、米国企業の利益は持続的な成長が期待できます。

米国企業は2016年上半期、中国の景気後退懸念や原油価格の急落などから企業利益の成長が伸び悩みました。また、英国のEU離脱決定等が不確実性を高め、景気の先行き不透明感が高まりました。

しかし、それらの懸念が過ぎ去るとともに2016年下半期に企業の利益は回復しました。特に米国大統領選挙後、景気先行指数である購買担当者景気(PMI)等や中小企業楽観指数等も急激に改善しています。2017年の企業利益は、過去最高水準を更新することが見込まれています。


上記に関する詳細は、最新の「米国株式の投資環境見通し」(eBook)をご覧ください。

もっと知りたいアメリカ

2017.2.23
トランプ時代の勝ち組企業を探す7つのヒントPDFDファイル
2016.11.10
【臨時レポート】米国大統領選挙:トランプ氏が勝利PDFDファイル
2016.3.7
米国の景気後退懸念による株価下落は行き過ぎPDFDファイル
2015.11.30
個人消費の安定的な拡大が、米国経済成長のエンジンにPDFDファイル
2015.11.19
2015年7-9月期決算は減益も、翌四半期以降は持ち直しかPDFDファイル
2015.11.5
中国景気は減速傾向も、米国への影響は相対的に軽微PDFDファイル
2015.10.13
過去から読み取る米国の政策金利と株式市場の動向PDFDファイル
2015.8.14
高値圏でも過熱感のない米国株式PDFDファイル
2015.5.26
事前予想を上回り推移する米国の企業業績PDFDファイル

知の広場

2017.5.16
トランプ減税で米国企業は魅力を増すか?
2017.5.1
米国小型株は再び上昇軌道に乗れるか?
2017.4.10
利益だけを見ていても成長企業はわからない
2017.3.8
トランプ政権下における銀行ハイブリッド証券の投資機会
2017.2.2
トランプ時代の投資のためのチェック・リスト
2016.11.14
【動画】大統領選後の米国株式市場
2016.11.10
【動画】トランプ・ファイブ:トランプ氏の経済政策の論点
2016.10.25
クリントン候補とトランプ候補:両候補の経済政策がもたらすインパクト
2016.8.26
バリュエーションはダウ平均2万米ドル到達の障害となるか?
2016.8.23
ダウ平均の2万米ドル到達は当初予想より早まる可能性
2016.7.29
生産性向上を通じた利益拡大への道
2016.7.13
不安定な市場では「永遠の弱気筋」に用心を
2016.6.20
攻撃が最善の防御 ~株式投資のプレーブック⑤~
2016.6.1
株価と事業のモメンタムは異なる ~株式投資のプレーブック④~
2016.5.24
自ら将来を切り開く企業を発掘する ~株式投資のプレーブック③~
2016.5.12
安定成長の源泉を見つけ出す ~株式投資のプレーブック②~
2016.4.27
ダイナミズムを伴う米国の雇用創出
2016.4.22
環境変化を味方につける ~株式投資のプレーブック①~
2016.4.11
雲に覆われた米国株式市場で光明を見つけ出すには

▲トップへ戻る

 

「米国株式の投資環境見通し 2017年8月号」(eBook)

 

ebook_20160113-.png

開く※別ウィンドウで開きます

「米国株式の投資環境見通し 2017年8月号」(PDF)はこちらPDFDファイル


当資料についての重要事項および投資信託に関する留意事項はこちら

 

過去の分析は将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。予想は今後変更される可能性があります。
2017年7月末時点のデータをもとにアライアンス・バーンスタイン株式会社(AB)が作成

 

 

App StoreやGoogle Playで「Wisebook OpenViewer」をインストールしますと、オフラインでもebook利用が可能です。インストール後、以下のログイン情報をご入力ください。当資料 をタップした後、「ダウンロード」をご選択ください。

アカウントID: abglobal
ログインID:   abglobal
パスワード:   abglobal1

▲トップへ戻る

 

米国は景気後退に向かっているのか - 4人の米国株最高投資責任者が熱論

米国株は、同国のマクロ経済指標は強い半面、企業収益が減収局面にある点で株価がそれを反映している環境にあります。しかし、力強く成長している業界や個別企業が数多くある点は、投資先を選別するアクティブ運用にとっては非常に良い市場環境と考えていることなど、フランク・カルーソをはじめとするABの4人の米国株最高投資責任者が熱論を交わす約3分の注目動画です。
 

 

当動画の記載内容、データ等は2016年5月16日現在です。

 

▲トップへ戻る

 

米国大型成長株式運用について:先行きが不透明な時こそ基本に忠実に

米国成長株式運用 最高投資責任者 フランク・カルーソ (アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー)へのインタビュー動画です。
 

 

▲トップへ戻る
 

 

米国成長株集中投資戦略について

米国成長株集中投資戦略 最高投資責任者(CIO)のジム・ティアニーによる動画シリーズは、運用担当者インタビューで紹介しています。

 

 

 

当資料についての重要事項および投資信託に関する留意事項はこちら

 

 

  • ・上記は情報提供のみを目的として、アライアンス・バーンスタイン株式会社が作成したものです。
  • ・上記は信頼できると判断される情報をもとに作成しておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ・上記の予測・見通し・見解のいずれも実現される保証はありません。
  • ・上記の内容は、予告なしに変更することがあります。

 

 

 

page top