knowledge openspace 知の広場

より良いリターン特性を求めて: 知っておきたい2017年の7つのテーマ

Richard_Brink.jpg
リチャード・ブリンク
アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー
オルタナティブ/マルチアセット運用
マネージング・ディレクター
 
 
 

 

 
 
 

PDF版をご希望の方はこちら pdf

2017年1月26日

 

ボラティリティや利回りの上昇、割高なバリュエーション、世界的な政策の不透明感。目の前に待ち構えるこれらの障害を乗り越えようとする投資家にとっては、市場の上昇局面を捉えつつ、下落局面に対する抵抗力のあるポートフォリオの構築が重要だ。そうするために現在の市場でカギとなるであろう 7つのテーマを見てみよう。
 

リターンを高めるためのポイント

米大統領選までの20カ月余り、米国市場の多くはインカム収入や配当以外、全般的にさほどリターンを創出することができなかった。しかし選挙後は、株価と米国債利回りが急上昇した。今後どんな政策が打ち出されるか、そしてそれがどれだけの効果をもたらすかは未知数である。
 
このため、長期的なリターンの獲得を目指し、より良い、持続可能なポートフォリオ特性を作り上げることが重要となっている。市場の上昇局面にはうまく市場に追随し、下落局面では連動性が低くなるポートフォリオを構築することで、言い換えればアップサイド/ダウンサイド・キャプチャー・レシオを高めるという取り組みだ。
 
そのためには、投資家は目標や投資方針を明確化し、上昇・下落局面のサイクル全体を通じて投資を続ける必要がある。すべての投資家に共通する目標は、アップサイド/ダウンサイド・キャプチャー・レシオをできる限り引き上げることである。そして、その目標は、より良いベータ、効率的な組合せ、アルファの選別によって達成することができるとアライアンス・バーンスタイン「以下、(AB)」では考える。
 
より良いベータ: 市場、あるいは(株価収益率や株価モメンタムといった)市場ファクターの中には、他の市場やファクターよりもアップサイド/ダウンサイド・キャプチャー・レシオが優れているものがある。それらは、ベータ値、つまりその資産グループ全体のリターンが高い。その良い例が為替ヘッジを行ったグローバル債券で、米国債と比較すればよく分かる。
 
効率的な組合せ: ポートフォリオ内で特定のベータを組み合わせることによっても、より効率的なアップサイド/ダウンサイド・キャプチャー・レシオを獲得できる可能性がある。例えば、過去の実績から、ハイイールド債を50%、米国債を50%の比率で組み合わせると、どちらかの単独よりも、アップサイドとダウンサイドのキャプチャーの比率が改善する。
 
アルファの選別: アクティブ運用によってベンチマークを上回るパフォーマンス(「アルファ」と呼ばれる)を上げることも、アップサイド/ダウンサイド・キャプチャー・レシオの引上げにつながるが、選別的に行うことが重要である。例えば、世界金融危機以降の不安定な市場環境から生じた長期的なスケールのアルファ創出機会、情報の遍在によって優位性が生じ得る分野、容易に打ち負かすことのできる非効率なベンチマーク指数があるような場合である。新興国市場はこれら3つの条件をすべて満たしており、大きなアルファ創出機会があることを示唆している。
 
では、投資家は今、これらのポイントをどのように実際に取り入れていけばいいのだろうか ?
 

より良いリターン特性を作り出す7つの方法

1. 問題児は避ける: より良いベータというものがあるならば、より悪いベータ(市場やファクター)というものもあると考えるべきだろう。そうしたものでも、ある時点では投資機会を提供することはあるが、長期的には市場全体と比較してアップサイド/ダウンサイド・キャプチャーに関し分が悪い。債券市場における問題児の例としては、格付けがCCCないしそれ以下の米社債や、ハイイールド・バンクローンなどが挙げられる。
 
2. 人気が集中した投資対象を避ける: 過去10年間、特に世界金融危機以降の長期にわたる株式の強気相場の後は、特定の投資対象に人気が集中することが大きな問題となってきた。投資家は高配当株など人気の高い分野に群がる傾向があるうえ、パッシブ投資の拡大はそうした割高な取引に幅広い投資家が参加することを意味する。さらに、パッシブ投資を行うことは、市場の好ましい部分もあまり好ましくない部分もすべて保有することを意味するため、ある部分に何らかの問題が生じた場合、広範に売りが膨らむ可能性がある。そのような時、混雑した投資対象から多くの投資家が逃げ出そうとすれば、退却コストが高くつく恐れがある。
 
3. 流動性を理解する: 世界金融危機以降、流動性はホットなトピックとなってきた。市場の流動性が干上がると、取引が困難になる場合がある。しかし、それは投資家にとって、流動性の低い資産への投資を通じて高いリターンを得る機会を生み出すことにもなり得る。その観点から、ABでは債券市場に最も顕著な投資機会の一つがあると考えている。債券投資家にとって、流動性の低下に備えつつ流動性の低さがもたらすプレミアムを獲得する方法を理解することは、金利やクレジット市場の変動をうまく乗り切っていくのと同じくらい、あるいはそれ以上に、重要なことである。
 
4. アクティブ運用を諦めない: ボラティリティの低下や銘柄間格差の縮小が進む中、アルファの追求機会が減少したため、近年アクティブ運用は逆風に直面してきた。そして、パッシブ型の投資が一段と広がるのに伴い、市場が効率性を高めたり価格発見機能を発揮したりすることが難しくなっている。しかし、それは一方で投資機会を生み出している。投資家がアルファを追求するには何が必要なのだろうか? アルファがこれまでと異なる所から、また異なる方法で得られるのだとすれば、それはどのような形だろうか?
 
5. 再浮上する新興国市場を見直す: 過去数年、先進国の株式市場が全般的に好調なパフォーマンスをあげる一方で、新興国市場は逆風に直面してきた。米国よりも高い金利を求めて新興国市場に向かっていた資金の流れは逆転し、これが新興国の通貨、株式、債券市場に影響を及ぼしている。2016年は、力強い相場の回復と米国の大統領選を巡る不透明感が重なった。新興国市場には投資機会も存在するが、それを捉えるには、そして先進国の政策が生み出す勝者と敗者を見分けるには、選別的なアプローチがますます重要になっている。
 
6. オルタナティブ2.0(次世代のオルタナティブ)を取り込む: オルタナティブ投資は伝統的な株式や債券に比べ、アルファへの依存度が高く、ベータへの依存度が低い傾向がある。オルタナティブ投資は長期にわたり好調なパフォーマンスをあげてきたが、近年のベータ取引の盛況が状況を反転させた。アルファの獲得が難しく、リターンの源泉としてベータへの存在感が高まったためだ。今後数年間、市場のボラティリティが再度高まり、銘柄間格差が拡大すれば、アルファの創出に長けたポートフォリオがアップサイド/ダウンサイド・キャプチャー・レシオを高めることができそうだ。
 
7. 世界のトレンドを味方に: マクロ経済の変化を始めとするグローバルな動向が資本市場を揺るがし、経済や産業に影響を及ぼし、究極的には投資家のリターンをも左右する。現在、そうした大きな変化の一つはポピュリズムの台頭と、それが政府の政策や多くの主要国にもたらす作用である。他にも、中国の経済成長や債務に関する懸念、あるいはテクノロジーの進化やエネルギーの生産動向、世界貿易の減少が世界の経済システムに及ぼす影響などが挙げられる。そうした変化やその影響は極めて大きい。
 
これらはABが現時点で考えている7つのテーマで、今後も注目すべき問題はさらに増える可能性がある。不透明感が市場を覆っているため、投資家はリターンの水準そのものより、いかに市場の上昇・下落に追随するのかという、いわばリターンを得る道筋に焦点を移すことを検討すべきである。そして、ボラティリティの波を乗り越えられる質の高いポートフォリオを構築する必要がある。
 
 
 
 
 
当資料は、アライアンス・バーンスタイン・エル・ピーのCONTEXTブログを日本語訳したものです。オリジナルの英語版はこちら。

https://blog.abglobal.com/post/en/2017/01/building-a-better-path-seven-things-investors-need-to-know-for-2017

 

 

本文中の見解はリサーチ、投資助言、売買推奨ではなく、必ずしもABポートフォリオ運用チームの見解とは限りません。本文中で言及した資産クラスの過去のパフォーマンスは将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。 
 
当資料は、2017年1月11日現在の情報を基にアライアンス・バーンスタイン・エル・ピーが作成したものをアライアンス・バーンスタイン株式会社が翻訳した資料であり、いかなる場合も当資料に記載されている情報は、投資助言としてみなされません。当資料は信用できると判断した情報をもとに作成しておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また当資料の記載内容、データ等は作成時点のものであり、今後予告なしに変更することがあります。アライアンス・バーンスタインおよびABはアライアンス・バーンスタイン・エル・ピーとその傘下の関連会社を含みます。アライアンス・バーンスタイン株式会社は、ABの日本拠点です。
 
 
 
 

 

 

当資料についてのご意見、コメント、お問い合せ等はjpmarcom@abglobal.comまでお寄せください。

 

 

アライアンス・バーンスタイン株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第303号 
【加入協会】一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会
http://www.alliancebernstein.com

 

当資料についての重要情報

当資料は、投資判断のご参考となる情報提供を目的としており、勧誘を目的としたものではありません。特定ファンドの取得をご希望の場合には当該ファンドの目論見書をご覧いただき、投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。下記の内容は、ファンドをお申込みされる際に、投資家の皆様にご確認いただきたい事項としてお知らせするものです。
 

投資信託のリスクについて

アライアンス・バーンスタイン株式会社の設定・運用する投資信託は、株式・債券等の値動きのある金融商品等に投資します(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)ので、基準価額は変動し、投資元本を割り込むことがあります。したがって、元金が保証されているものではありません。投資信託の運用による損益は、全て投資者の皆様に帰属します。投資信託は預貯金と異なります。リスクの要因については、各投資信託が投資する金融商品等により異なりますので、お申込みにあたっては、各投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面等をご覧ください。


お客様にご負担いただく費用:投資信託のご購入時や運用期間中には以下の費用がかかります
● 申込時に直接ご負担いただく費用 …申込手数料 上限3.24%(税抜3.00%)です。
● 換金時に直接ご負担いただく費用…信託財産留保金 上限0.5%です。
● 保有期間に間接的にご負担いただく費用…信託報酬 上限2.0304%(税抜1.8800%)です。

その他費用:上記以外に保有期間に応じてご負担いただく費用があります。目論見書、契約締結前交付書面等でご確認ください。

上記に記載しているリスクや費用項目につきましては、一般的なファンドを想定しています。費用の料率につきましてはアライアンス・バーンスタイン株式会社が運用するすべてのファンドのうち、徴収するそれぞれの費用における最高の料率を記載しております。

ご注意

アライアンス・バーンスタイン株式会社の運用戦略や商品は、値動きのある金融商品等を投資対象として運用を行いますので、運用ポートフォリオの運用実績は、組入れられた金融商品等の値動きの変化による影響を受けます。また、金融商品取引業者等と取引を行うため、その業務または財産の状況の変化による影響も受けます。デリバティブ取引を行う場合は、これらの影響により保証金を超過する損失が発生する可能性があります。資産の価値の減少を含むリスクはお客様に帰属します。したがって、元金および利回りのいずれも保証されているものではありません。運用戦略や商品によって投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なります。また、ご投資に伴う運用報酬や保有期間中に間接的にご負担いただく費用、その他費用等及びその合計額も異なりますので、その金額をあらかじめ表示することができません。

 

 

 

 

戻る

著者一覧

page top