運用サービス

運用サービス

リスク抑制

市場が大きく変動し、リスク資産のパフォーマンスが悪化する際にポートフォリオへの悪影響を緩和する戦略を重視するお客様へは、コア債券運用をご提案します。また、株式並みのリターンを追求しながら可能な限りダウンサイド・リスクを抑制したい場合は、低ボラティリティ株式戦略を採用することでリスクをより低減できる可能性が高まります。リスクをほぼ完全に回避したい場合は、信用力が非常に高くて投資期間が短い債券が適しています。安定的な運用を希望されるお客様から低ボラティリティ株式への投資を検討されたいお客様まで、あらゆる投資家の皆様のニーズに対応したリスク抑制型の運用ソリューションをご提供します。

グラフ

債券

  • グローバル・プラス債券

    • グローバル・プラス債券戦略は、リサーチ主導の投資アプローチに基づく、アクティブ運用のグローバル債券戦略です。当戦略では、先進国のソブリン債、投資適格社債、エージェンシー債、モーゲージ債、商業用不動産ローン担保証券、資産担保証券に投資し、ハイイールド債およびエマージング市場の債券に対してオポチュニスティックなポジションを構築します(お客様の投資ガイドラインの許容範囲内)。当戦略は、マーケット・サイクル全体を通してバークレイズ・グローバル総合指数を年間100~200ベーシス・ポイントを目処に(手数料控除前)アウトパフォームすることを目指します。

  • グローバル債券

    • グローバル債券戦略は、リサーチ主導の投資アプローチに基づく、アクティブ運用のグローバル債券戦略です。当戦略では、主に先進国のソブリン債に投資し、投資適格社債、エージェンシー債、モーゲージ債、商業用不動産ローン担保証券、資産担保証券に対してオポチュニスティックなポジションを構築します。当戦略は、マーケット・サイクル全体を通してシティグループ世界国債指数またはその他のグローバルな国債の指数を年間50~100ベーシス・ポイントを目処に(手数料控除前)アウトパフォームすることを目指します。

  • 米国投資適格クレジット

    • 米国投資適格社債戦略は、リサーチ主導の投資アプローチに基づく、アクティブ運用の債券戦略です。当戦略は、バークレイズ米国社債指数、またはその他の類似するベンチマークに代表される投資適格社債市場のパフォーマンス水準を、マーケット・サイクル全体を通して年間50~100ベーシス・ポイントを目処に(手数料控除前)アウトパフォームすることを目指します。

株式

  • グローバル・ストラテジック・コア株式

    • グローバル・ストラテジック・コア株式は、高クオリティで株価の安定した魅力的なバリュエーションの銘柄への投資により、市場下落に対する抵抗力が強く、優れたリスク調整後リターンの実現を目指します。市場との相関が低く、ポートフォリオ・リスクの低減効果が期待できます。

  • エマージング・マーケット・ストラテジック・コア株式

    • エマージング・マーケット・ストラテジック・コア株式戦略は、クオリティ、安定性、妥当株価の各特性にわたりバランスの取れたエクスポージャーの確保を目指す、株式アクティブ運用です。ベンチマークへの追従は意識せず、高いアクティブ・シェアを実現します。ファンダメンタル分析と定量分析を融合し、銘柄選択による超過収益の獲得を目指します。

  • 米国高配当株式

    • 米国高配当株式戦略は、高配当銘柄に投資することでインカムおよび投資元本の増加を目指します。アライアンス・バーンスタインの規律あるバリュー投資プロセスに従い、徹底したボトムアップ・リサーチにより長期的な企業の潜在収益力を見極め、株価が割安に放置されていると判断する銘柄を特定し、高配当銘柄を中心としたポートフォリオを構築します。キャッシュフロー分析に基づき、自社株買いや配当支払い開始によって株主へのキャッシュ還元が見込める場合は、無配銘柄に投資する可能性もあります。

  • 債券
  • 株式
  • マルチアセット
  • オルタナティブ
  • リスク抑制
  • リターン追求
  • 更なる分散

投資一任契約に関する留意事項はこちらをご覧ください。

アライアンス・バーンスタインには、アライアンス・バーンスタイン・エル・ピーとその傘下の関連会社を含みます。

運用サービスへ戻る

 

page top