運用サービス

運用サービス

マルチアセット

アライアンス・バーンスタインのマルチアセット運用では、資本市場に関わる深い専門知識と幅広いリスク/リターン源泉に基づき、徹底的なリサーチを活用することで、お客様の個別ニーズに対応する洗練された長期の運用ソリューションを提供します。

グラフ

マルチアセット

  • ダイナミック・アセット・アロケーション

    • ダイナミック・アセット・アロケーション(DAA)戦略は、柔軟かつ適応力の高い資産配分を特徴とします。当戦略は、幅広い資産クラス(株式、クレジット、債券、インフレ感応度が高い資産、通貨を含む)に対してエクスポージャーの調整をアクティブに行うことで、リスク調整後リターンの向上を目指します。DAAチームでは、目標リターン、ボラティリティ管理、ダウンサイド・リスク管理のバランスをとることにより、お客様の多様なニーズに応じたカスタマイズが可能です。また、伝統的なバランス型資産配分に加え、リスク・パリティ型のアプローチによるソリューションも提供します。

  • 新興国マルチアセット

    • 新興国マルチアセット(EMMA)戦略は、新興国市場における株式や債券(ハイイールド債券および通貨を含む)などのあらゆる資産クラスを投資対象とするアクティブ運用戦略で、ボラティリティを低く抑えながら長期的な資本の増加を目指します。アライアンス・バーンスタインは、新興国市場における収益獲得機会を効率的に得るためには資産クラスを制約しないことが重要だと考えます。実際に、株式、債券、通貨といった資産クラスを組み合わせる戦略は、ポートフォリオの投資ユニバースを拡大したり、単独の資産クラス投資では不可能な投資機会を提供するだけでなく、よりボラティリティの高い新興国市場への投資においてはボラテイィティ抑制の点で大きな意義があると考えています。

  • ターゲット・イヤー型ファンド

    • ターゲット・イヤー型ファンドは、長期的な財産の増加を目的とした、分散型のマルチアセット・ソリューションです。投資家が退職を迎える年(ターゲット・イヤー)をファンドごとに想定し、ターゲット・イヤー以降の退職後資金形成に備えるため、予め決められた「グライドパス」と呼ばれる年齢別資産配分に則って運用します。そこでは、株式や債券を含む複数資産に分散投資し、長期的な値上がり益の獲得、または財産の保全とインカム収益の獲得を図ることでトータル・リターンの最大化を目指します。また、市場環境に応じて資産配分を機動的に変更するボラティリティ管理の機能が組み込まれており、ボラティリティの抑制を通じて長期的な資産構築をサポートします。

  • インデックス運用

    • インデックス運用戦略においては、個別銘柄や業種に関する伝統的なリサーチはほとんど必要ありませんが、代わりに効果的なポートフォリオ構築やトレーディングの技術、およびリスク管理が必要となります。 アライアンス・バーンスタイン・インデックス運用では、顧客が目標とするトラッキング・エラーを可能な限り低い執行コストで達成するポートフォリオを構築し、運用することを目標としています。この目的を達成するため、完全法、層化抽出法、あるいはデリバティブを用いてポートフォリオを構築します。構築手法は、コストとトラッキング・エラーのトレードオフを考慮して決定します。

  • カスタマイズド・リタイアメント戦略

    • カスタマイズド・リタイアメント戦略(CRS)は、ターゲット・イヤー型の投資ソリューションであり、個別の確定拠出年金プランに適したデフォルト商品を設計すべく、企業の年齢構成や目的に応じた多様なカスタマイズに対応します。自社商品のみならず他社商品も活用するオープンな構造となっており、グライドパス(年齢別資産配分)のカスタマイズに加え、個々の戦略や資産クラスの組み合わせの変更(アクティブおよびパッシブ運用を含む)も可能です。これにより、受託者責任を強化し、年金プランスポンサーにとっての透明性やコスト管理の向上を図ります。

  • 債券
  • 株式
  • マルチアセット
  • オルタナティブ
  • リスク抑制
  • リターン追求
  • 更なる分散

投資一任契約に関する留意事項はこちらをご覧ください。

アライアンス・バーンスタインには、アライアンス・バーンスタイン・エル・ピーとその傘下の関連会社を含みます。

運用サービスへ戻る

 

page top