ABについて

沿革

ABは45年以上の運用経験と実績を誇る資産運用会社です。
日本へは、1986年11月の有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律の施行と共に進出し※1、1996年には証券投資信託委託業免許を取得し、1997年には年金基金の資産運用も開始しました。

アライアンス・バーンスタイン株式会社は、アライアンス・バーンスタイン・グループのグローバルな調査・運用体制の中で重要な役割を担っています。株式、債券それぞれの調査・運用部門を東京に設置し、調査・運用体制の充実を進めています。

  アライアンス・バーンスタイン株式会社 アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー
1962年   米国の投資銀行ドナルドソン・ラフキン・ジェンレット社(DLJ社)の運用部門として発足
1967年   サンフォード・C・バーンスタイン社創立
1971年   ムーディーズ・インベスターズ・サービス社の投資顧問部と合併、アライアンス・キャピタル・マネジメントを設立
1985年   米国の大手保険会社エクイタブル・ライフがDLJ社を吸収合併、エクイタブル・ライフの子会社となる
1986年 アライアンス・キャピタル・マネジメント・ジャパン・インク(米国デラウェア州法人)の東京支店を設立  
1987年 関東財務局に有価証券投資に係る投資顧問業登録
有価証券投資に関する一任契約に係る業務の認可取得
 
1988年   アライアンス・キャピタル・マネジメント・ホールディング・エル・ピーがニューヨーク証券取引所に上場
1993年 エクイタブル・キャピタル・マネジメント・ジャパン(日本の投資一任業者)を吸収合併 エクイタブル・ライフの100%子会社エクイタブル・キャピタル・マネジメント社を吸収合併
1994年 グロース株式の調査・運用部門を設置  
1996年 アライアンス・キャピタル・マネジメント・ジャパン・インク(米国デラウェア州法人)の100%子会社としてアライアンス・キャピタル投信株式会社を設立、証券投資信託法上の委託会社としての免許を取得し、業務を開始  
1997年 年金基金の資産運用を開始
日本で業界初の毎月分配型国内籍投資信託となった「アライアンス・ハイ・イールド・オープン」を設定
 
1999年 アライアンス・キャピタル投信がアライアンス・キャピタル・マネジメント・ジャパン・インクから有価証券投資に関する投資助言業務及び投資一任契約に係る業務の営業を譲り受ける  
2000年 社名ををアライアンス・キャピタル・アセット・マネジメント株式会社に改める 米国のサンフォード・C・バーンスタイン社を吸収合併
2001年 債券の調査・運用部門を設置  
2002年 バリュー株式の調査・運用部門を設置  
2006年 社名をアライアンス・バーンスタイン株式会社に改める 社名をアライアンス・バーンスタイン・エル・ピーに改める
2010年 福岡営業所を設置  
2012年 AB未来総研設立  
2016年 日本拠点開設30周年を迎える
アライアンス・バーンスタイン証券会社 東京支店の事業を一部譲り受ける
 

 

※1 アライアンス・キャピタル・マネジメント・ジャパン・インク(現アライアンス・バーンスタイン株式会社)の東京支店が投資顧問会社として日本において業務を開始した年です。

 

page top